会員様の声

お待たせして申し訳ありません。
只今 作成中です。
もうしばらくお待ちください。

【 〝土と種の生命力〟が未来の農業のカギ!?】

今回、ちょびっとだけ専門的で難しい話?
に思えるかもしれませんが、農や食に関心のある方は、ぜひご覧下さい。

 
アグリゾート農園が、現在、主として取り入れてる農法は、BLOF(生態系調和型農業理論)を軸とした有機農法に近しい農法です。

簡単に言えば、
緻密な土壌分析から、土壌栄養素の各成分ごとの適正分量を数値化し、有機物や天然鉱物(無機物)を厳選しながら設計通りのバランスになるように配合して土に施します。

言わば、
有機農法をより論理的に科学した農法。

これにより、
再現性高く、継続的に野菜本来のもつ栄養価と美味しさを最大限に引き出します。

 

または、このようなものです。

そして今年から、これと別に、

「究極の自然農法」

という分野を、専門指導者をお迎えして、別圃場にて実験的に取り入れる予定です。

どんな農法かというと、
・肥料も入れない
・堆肥も入れない
・水もやらない
・薬も使わない…

極限まで、人のコントロールを省いた農法。

これで、更に生命力が溢れ、味・栄養ともに、
ワンランク上の野菜が作れると言うのです。

ねっ、
〝究極〟でしょ?笑

「そんなの無理でしょ〜!!」
って感じですよね……
(僕もそう思いましたし、今でも半信半疑😅

でも、やってみなけりゃ分からない!

そして実は、
これはちゃんとした理論によって説明がつきそうなのです。

ポイントは2つ
①自然が築くシステムを生かした健全な生命体としての土
②種採りを繰り返すことによる、生命力の向上と環境適応のための進化

この「究極の自然農法」は、
アグリゾートのこれからの実験的なチャレンジです。

〝論理的有機農法〟と〝究極の自然農法〟

この2つの農法が実現すれば、

これらをハイブリットした、
〝アグリゾート式〟の確立を目指します。

ヒントとなる動画を添付します。
↓↓↓

 

 

特徴

テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

野菜づくりとは

テキストが入ります。 テキストが入ります。 テキストが入ります。 テキストが入ります。 テキストが入ります。

収穫とは

テキストが入ります。 テキストが入ります。 テキストが入ります。

豊かに食べる

テキストが入ります。 テキストが入ります。 テキストが入ります。